2006年09月08日

キングコングのエピソード その2

必ず漫才の始まりには「ど〜も、キングコングです!イェイ!イェイ!」と西野は右足、梶原は左足を上げてダブルピースをデビュー当時から続けている。「イェイ!イェイ!」のあとには、梶原が「しゃかりきがんばります!」という。しかし、コンビ結成当時は無かった。オチの後には「おおきに!」と言って「まいど!」というときのジェスチャーに似たポーズをとる。バラエティ番組でも紹介された時に「イェイ!イェイ!」をやっていたが、2005年頃からはネタ以外ではほとんど見られなくなった。そして在学中に賞を獲ったという記録は未だにキングコングのみとなっている。
デビュー当時は関西の漫才コンクールを総なめにする勢いだった。舞台はうめだ花月・ルミネtheよしもと・なんばグランド花月等に出演。また漫才を中心とした単独ライブを年1回程度行う。
コンビ名は結成当時に2人で決めようとして【コング】が付くコンビ名が良かったらしく梶原は「ドンキーコング」等の提案、西野はしっくり来ず、もっとビッグになるように「キング」を付け「キングコング」に。『ンが2つ入るコンビは売れる』というジンクスは意識していなかったらしい。
「はねるのトびら」で共演中の同じ吉本興業のインパルスやロバートは実際は1年先輩に当たるが、先輩後輩関係なく普通に接している。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | キングコング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングコングのエピソード その1

NSCで西野は「グリングリン」、梶原は「NINNIN丸」という別々のコンビを組んでいたが、互いに相性が良いのではないかと感じ始める。初めて2人で遊んだ夜、西野のバイクで夜景を見に行き、凄い光の数を見ながら、西野が「こんだけの人を笑わせようとしたら大変やな!!」と話しかけると、梶原は「俺らだったら出来るよ!!」と返した。西野が「どう言う事?」と聞き返すと、梶原は「こう言う事や!!」と言いながら手を差しだし、互いに握手を交わしコンビ結成。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | キングコング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングコングの2人について

西野亮廣(にしの あきひろ、1980年7月3日 - )
兵庫県川西市出身。O型。173cm、57kg。ツッコミ・ネタ作り担当。

梶原雄太(かじわら ゆうた、1980年8月7日 - )
大阪府大阪市都島区出身。B型。163cm(本当は160.3cmらしい)/54kg。ボケ担当。獅子座。極度の高所恐怖症。母親に顔がそっくり。「タモリのジャポニカロゴス」でその馬鹿っぷりを披露している。2004年4月に離婚し、23歳の若さでバツイチになった。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


続きはこちら>>
posted by あゆみっくす at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | キングコング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。