2006年08月16日

東野幸治のエピソード その6

コントの経験は豊富なものの、シリアスな芝居をさせると途端に大根役者になる。 「ダウンタウンのごっつええ感じ」では彼の演技力を鍛えるためのコーナー(コーナー名は「龍としのぶ 俳優養成テレビ小説」)まで作られた。その後2001年に「明日があるさ」で久々のドラマ出演を果たしたが、演技力は全く成長しておらず、終いには彼の演技のあまりの酷さに他の共演者のNGを誘発する始末となった(ちなみに撮影初日のシーンで出したNGは8回)。そのため、本来ならNG同然の箇所も見受けられるが「これ以上の演技力は求められない」として放送されている部分もある。

2004年に子供向け特撮ドラマ「戦隊シリーズ」の司令官役での出演オファーが来ていた事を自身の番組内で公表していたが、これは東映制作のスーパー戦隊では無く、以前司会をしていた「イカリングの面積」の制作局のテレビ愛知と松竹制作の「魔弾戦記リュウケンドー」であった模様。後にこの役は諸処の事情から同じ吉本興業所属の清水圭が演じる事となった。

しかし吉本新喜劇などコメディの舞台では独特の存在感を発揮する、不思議な人物である。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野幸治のエピソード その5

最近は「行列のできる法律相談所」に出演。司会の島田紳助にチリ毛・チリチリなどと言われている。そこから発展して「チリチリドリル」と称して頭を女性ゲストの腕などにぐりぐりと押しつけるという一歩間違えればセクハラとして訴えられかねないような行動をするようになった。このように、ヒール(悪役)的なポジションに敢えて身を置く事によって、その本来の魅力を発揮する傾向にあるといえる。吉本きってのダーティーヒーローとの呼び声も高い。その一方で、島田紳助が謹慎中で番組をしばらく離れた折には、東野が代役を務め、番組最大の危機を見事に乗り切った。

一般的に想像できないかもしれないが、山崎邦正、森三中の黒沢、アンガールズなど、多くの後輩や若手の芸人にリスペクトされる存在である。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野幸治のエピソード その4

ダウンタウンが最もイジリやすい(絡みやすい)と感じている芸人のひとりであり、そのためいくつもの番組で何回もドッキリにかけられた。

仕事以外では芸人仲間とは殆ど遊ばないらしく、たまに後輩を誘って食事に行っても、終始漫画や雑誌を読んで全く喋らないという。 最近ゴルフを始めたらしく、ナインティナインの岡村隆史をゴルフに誘ったが、岡村を担当していたキャディさんは東野のことを嫌っていた(ナインティナインのオールナイトニッポンより)。また、岡村に偽物のローレックスをつかまされたことがある。

風俗が大好きで舞台の合間(1時間)にも行くほど。ちなみに店に予約を入れるときの偽名は「東田」である。

冷めやすい性格からか、今田や松本人志、島田紳助らから「愛情がない」「冷酷」「本気で人のことを好きになったことが無い」「人の話に興味がない」「家では換気扇の絵ばかり描いている」などとネタにされ、それを実証するようなエピソードもいくつか語られている。 例えば亀の死骸をゴミ箱に捨てた。という噂が流れていたが、病気になった亀を病院に連れて行くことに不満を感じつつも、「娘の教育のことを考えて」(本人談)、病院につれていったというのが真相だ。

性格を示すエピソードの一つに、芸人になってからつきあい始めた女性との初デートで漫画喫茶に行き、3時間無言で漫画を読み続け、「芸人やったらちょっとはしゃべってよ!」と切れられたという話がある。その漫画好きは有名で、過去に「Matthew's Best Hit」でもその片鱗を垣間見せた。現在は「月刊ホビージャパン」にて「東野幸治のまんが大学」というコラムを連載中。東野が愛読する漫画を思い入れと共に紹介する内容である。また、主に芸能界にまつわるゴシップ情報の収集も趣味の1つである。これらの点では今田耕司も概ね共通しており、お互いの情報交換は欠かせないという。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野幸治のエピソード その3

自身の元ファンの女性と結婚し2人の娘がいる。知り合ったきっかけは、一通のファンレターから。同封されていた写真を見て(毛皮を着ている写真。ちなみに、その毛皮は新婚当時住んでいたマンションの雨漏りが原因で、ダメになった。)即、連絡。結婚に至る。そして一度離婚したが、その後復縁。再入籍はしていない。娘達はインターナショナルスクールに通っており、英語ペラペラ。その娘達からは「ダディ」と呼ばれている。
離婚してもなお同居しているのは、娘の教育のためということになっているが、娘が母親に「お母さん、私のために無理してあの人(東野のこと。娘にとっては実の父親)と一緒に暮らさなくてもいいよ。」と言っているのを東野が聞いてしまうなど、予断を許さない状況である。 ちなみに長女はかわいいらしく、街を歩いていると芸能プロからのスカウトによく会うらしい。

かつてテレビ番組「いろもん」で桂三枝から「バッテリー幸治」の芸名を与えられる。「明石家マンション物語」の番組内のみこの芸名を使用。当時、好感度ランキングベスト300に入らなかった事による。

学生時代はかなりのスポーツ少年だったらしく、水泳のジュニアオリンピック候補に選ばれた事もある。 1つ年長の兄とともに「宝塚のスポーツ兄弟」と呼ばれ、その評判は関西全域に轟いていたらしい。 そのせいか裸に自信があるようで、テレビ番組でよく全裸姿になる。本人いわく、抱かれた女は東野の裸を見て「まるでギリシャ彫刻みたーい」と驚くらしい。しかし最近は乳首が下がってきたことを気にして全裸になることに抵抗がでてきた。

一時期、南北朝時代の武将である楠木正成の子孫を自称していたことがあった。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 23:48| Comment(0) | TrackBack(2) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野幸治のエピソード その2

「4時ですよ〜だ」の終了後、今田らと共に、当時立て直しが急務となっていた吉本新喜劇の補強メンバーとして、主に主役として出演する。その後、今田耕司同様、ダウンタウンを慕い、彼らが上京した1年後に東京へ進出する。ちなみに今田耕司は数ヶ月先輩にあたる。NSC出身ではないため、4期生の今田耕司などには後輩として敬語を使い、ほぼ同時期に芸能界デビューした木村祐一とは同期として接し、5期生の辻本茂雄には先輩として振舞っている。同い年には山崎邦正(1年数ヶ月後輩)や雨上がり決死隊の蛍原徹(2年数ヶ月後輩)などがいる。

今田と共に"Wコウジ"と呼ばれているが、ピン芸人である。
中心にいるよりも少し離れた位置にいた方が実力を発揮するタイプであり、「ちょっと待って下さいよ」と話に割り込んでくる姿は他のお笑い芸人たちに多くものまねされている。
細身で「かた焼きそば」「チリチリ」と表現される天然パーマ頭がトレードマーク。 手堅い今田に対して破滅的な芸風の東野というコントラストで、よくコンビを組むことが多い。芸風としては、先輩芸人である笑福亭鶴瓶の「(困ったら)笑ろとったらええねん」というのを座右の銘としているようで、たびたび自分でもそのセリフを言っている。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 23:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野幸治のエピソード その1

高校生の時に吉本興業の新人オーディションを受け合格し、そのまま芸人となる。学生時代は地元でも有名なスポーツ少年で女の子からも熱い視線を集めていた。なお、同じオーディションにはリットン調査団も受けていた。一時期、大学に通う友人に乗せられ、大学受験を決意し芸人を休業するが、受験に失敗し、その後は芸人に本腰を入れる。

若手時代は心斎橋筋2丁目劇場を中心に活動、ダウンタウンが司会を務める公開生番組「4時ですよーだ」などに出演していた。番組開始当初は素人参加コーナー「ダウンタウンの欲望」の募集の告知を呼びかける「欲望の男」だけの役であったが、次第に頭角を現し、最後の半年は今田耕司・石田靖らとともに司会を任されることとなる。また「4時ですよ〜だ」が放送されていた頃、今田耕司とのコンビで2丁目劇場の超若手が出演するライブイベント「2丁目jrたんけんたい」(上部組織にダウンタウンがメイン司会を務める「2丁目探検隊」というライブがあった)の司会進行を担当していた。

また、同時期に夕方の帯番組として放送されていた圭・修司会の番組素敵!KEI-SHU5では、白いランニングにトレパン姿の「セニョール東野」というキャラクターで各地をリポートするVTR企画が放送されていたが、このときのキャラクターが今で言うところのなかやまきんに君とどことなく似ていた。

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人情報満載!!>>
posted by あゆみっくす at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野幸治のプロフィール

東野 幸治(ひがしの こうじ)
1967年8月8日生まれ。
兵庫県宝塚市出身。血液型はO型。あだ名はひがしのり(髪の毛が濡れた時に頭に海苔がのっているようだったから)、チリチリ(頭のパーマから)、白い悪魔(色白で人の不幸をよく嘲う事から)。
posted by あゆみっくす at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 東野幸治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。