2006年07月29日

キム兄のエピソード その2

気遣いの出来る繊細な性格ではあるが、その反面、短気でルールやモラル面が特に厳しく、ルールやモラルを守れない人間には粗暴なまでに怒ることから、(真偽は別としても)「伝説」には事欠かない。

過敏すぎる例として以下のようなエピソードがある。加湿器が欲しいため、千原ジュニアをつれて家電店へ買い物に。そこで気に入った加湿器を買おうと店員を呼び止めたところ、ブルーとピンクの色があると紹介されキレる。「いい年したおっさんがなんでピンクの加湿器を欲しがんねん!」と説教した。が、そのとき木村はピンクの上着を着ていた。それに気づいたジュニアが慌てて止めに入ることに。このように、後輩だけでなく誰にでも説教をするが、ときにピントがずれていることがある。

趣味は料理でプロ並の腕前。「アフリカのツメ」「浜ちゃんと!」(いずれも日本テレビ系)などでその料理の腕を披露している。

結婚して子供をもうけたが2005年に離婚。2006年1月9日 ダウンタウンDXで出会ったタレントの辺見えみりと婚約。 同日、合同記者会見を行い、入籍(自身3度目)を報告。 ちなみに、婚約指輪は0.93カラット。ティファニーで購入。 プロポーズは新宿外苑の外周の車中でした、とのこと。

妻のことはテレビなどでは「えみりちゃん」だが、家では「えみちゃん」と呼んでいるらしい。

posted by あゆみっくす at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 木村祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム兄のエピソード その1

ホテルマン、染め物職人を経て、中学校の同級生(栩野進)と漫才コンビ「オールディーズ」を結成。
順調に人気を獲得していた矢先の1990年9月7日、相方が不祥事を起こし逮捕。これにより相方は所属事務所を解雇されコンビは解消。木村は予想もしない形でピン芸人の道を進むことになる。
その後、交流のあったダウンタウンらを慕い1994年に東京進出。「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)で構成作家としてもデビューする。

現在に至るまで、松本人志の優秀なブレーンであるとともに、写真を使ったネタなどの多彩な芸風でピン芸人として活動を行っている。自分で撮った写真にコメントをつけて笑いをとる「写術」など。

松本を中心とした芸人の集まり(いわゆるダウンタウンファミリー)では兄貴的存在である。実際、松本より学年で一つ上であるため、私生活でも松本に指南する立場であるようだ。吉本興業では東野幸治はデビュー時期が近く、今田耕司や130Rは1年先輩となるが、年齢的に木村の方が年上(今田とは3つ、130Rとは1つ)であるため、テレビでの仕事でも露骨な後輩扱いはしていない。

ダウンタウンの後輩であるにもかかわらず年齢が一つ上のため、初期のころはダウンタウンに「さん付けさせて欲しい」と言われた。が、木村本人は「後輩ですからいいですよ〜」と言い断った。その為、今でも木村とは呼ばずにあだ名の『キム』または「木村くん」と呼んでいる。(ダウンタウン2人も年齢が上の後輩にはさすがに呼び捨ては出来ないらしい…その事は今田耕司や130Rも同じである。ちなみに学年は1つ上だが生まれた年は同じであるため、木村本人は「ダウンタウンと同い年である」と主張している。「1月1日で年が明ける、という区切りがあるのに、4月1日で線引きするのはおかしい」と、ある番組で言っていた。)

松本をして、「俺のために生まれてきたような男」「何回人生やってきたんや」と言わしめるほどよく気がまわり、器用で芸人ばなれした知識と行動力を持つが反面、自分が出来るゆえに出来ない後輩には非常に厳しく、後輩からは怖い先輩として恐れられてもいる。松本グループでのその母親的な面倒見と気遣い、料理の腕などから今田・東野らからは「松本人志の嫁」、高須光聖からは「松本の第一夫人」とからかわれる。松本本人も「嫁にするならキムのような人がいい」とラジオで発言している。

posted by あゆみっくす at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 木村祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム兄のプロフィール

木村 祐一(きむら ゆういち
1963年2月9日生まれ
京都府京都市左京区出身のお笑いタレント、放送作家、コラムニスト。

吉本興業所属。愛称は「キムキム兄やん(キム兄)」「キム」「キムニールヤング」。 現在の妻は女優の辺見えみり。

血液型はAB型。京都市立西京商業高等学校(現・京都市立西京高等学校)卒。

口癖は「考えられへん!(声を裏返して叫ぶ)」「ありえへん!(左同)」いずれも、秩序や常識、段取り、気配りなどを無視する人間に向けて発せられる。常にそういう物に怒っている男でもある。

posted by あゆみっくす at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木村祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。