2006年10月05日

「暴行してない!」元極楽・山本が加藤浩次に“苦しい”弁明

少女(17)への強姦容疑で書類送検された元極楽とんぼ、山本圭一(38)が3日に不起訴処分になったことを受け、元相方の加藤浩次(37)が4日、司会を務める日本テレビ系「スッキリ!!」(月〜金曜前8・0)で現在の心情を吐露。事件発覚後、山本から「暴行は一切していない。お前だけには信じてほしい」と懇願されたことを明かし、元相方の気持ちを代弁した。

番組内で「山本不起訴処分」を報道後、今まで語らなかった元相方への思いを加藤が口にした。

7月18日の事件発覚から数日後、山本が滞在していたホテルに直接会いにいったことを告白し、「正直ボコボコに殴ってやろうと思っていた。だけど、本人に会ったらとんでもないヘコミ(落ち込み)方で…」と当時の複雑な心境を語った。

山本は「ごめん」と謝罪し、加藤の「本当に暴行したのか?」との追及に対し、「お前だけには信じてほしいけど、暴行は一切していない。そこだけは信じてくれ!!」と訴えたという。

事件発覚後の19日、同番組内で「すごい腹が立ちますし、情けないし…。気持ちの整理がつかない」と号泣して、山本の不祥事を謝罪した加藤。示談成立を受け不起訴処分になったことで、初めて元相方の弁明を公共の電波で代弁した。

続けて、「未成年とお酒を飲んだり、悪いことをいっぱいしているから反省してほしいけど、示談という形で不起訴になり、僕の中ではひと安心」とホッとした表情を浮かべた。

加藤によると、山本は現在、「芸能界以外の仕事をする態勢を整えている」という。ただ、それがどんな職業なのかの明言は避けた。不起訴になったものの、どんな形であるにせよ、社会復帰が容易ではないことは確か。加藤の発言について、山本を解雇した元所属事務所の吉本興業では「コメントすることはない」とし、山本の会見の予定はないとした。

元相方との信頼関係の回復について、「アイツの反省次第ですね」と加藤。依然、事件の真相は謎に包まれたままで、山本本人の口から説明されるまで“スッキリ”しない日々が続きそうだ。

(サンケイスポーツ) - 10月5日8時1分更新
posted by あゆみっくす at 23:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

「極楽とんぼ」山本圭一・元メンバー、不起訴処分に

今年7月、北海道函館市のホテルで、無職少女(17)にわいせつな行為をしたとして、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一・元メンバー(38)が婦女暴行容疑で逮捕・送検された事件で、函館地検は3日、山本・元メンバーを、少女からの告訴が取り下げられたとして、不起訴処分とした。

同地検によると、山本・元メンバーと少女の間で、9月中旬に示談が成立。告訴状を提出していた少女と母親が、9月22日、山本・元メンバーへの告訴を取り下げていた。
(読売新聞) - 10月3日17時8分更新
posted by あゆみっくす at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

【お知らせ】元極楽・山本圭一を近く書類送検

北海道警函館西署は31日、少女に酒を飲ませ暴行した容疑で、元人気お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(38)=本名・圭一、吉本興業を解雇=を近く書類送検する方針を固めた。同日、任意で再び事情聴取した。

調べによると、山本は7月16日夜から17日未明にかけ、滞在していた函館市内のビジネスホテルで17歳の無職少女に酒を飲ませ、暴行したとされる。

山本はタレント萩本欽一が監督を務めるアマチュア球団「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」に所属し、17日に函館市内であった試合のために滞在していた。チームメート2人と知人が少女ら4人に声をかけ、知り合ったという。

吉本興業は18日付で山本を解雇。萩本さんは一時、球団解散を表明したが、ファンの意向を受け解散を撤回した。

少女の証言などから茨城GGの藤本博史捕手(30)=無期限謹慎中=も事件への関与が取りざたされ、函館西署は同捕手についても再度、事情を聴く方針を固めていた。

茨城GGのチーム関係者は、山本の再聴取に「うちはすでに追放処分にしており、何も言うことはありません」と困惑。藤本捕手については「再聴取を受けたとは聞いていない」と話している。

被害に遭った少女は、7月28日発売の写真週刊誌「FRIDAY 8月11日号」で事件について告白。事件後に産婦人科で妊娠していないか検査を受けたこと、山本が当初から少女が17歳であることを認識していたこと、などを詳細に暴露していた。

(デイリースポーツ記事より引用)
posted by あゆみっくす at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

【お知らせ】極楽とんぼ山本の不祥事について

社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」(茨城県稲敷市)監督でタレントの萩本欽一さん(65)は19日、チームのメンバーで人気お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(38)が遠征先の北海道函館市内で少女(17)に性的暴行を加えた疑いで函館西署に任意の事情聴取を受けたことが分かったのを受け、責任を取ってチームを解散する意向を明らかにした。ただ、チームを支えてきた地元後援会が署名運動を行うことを決めるなど、周囲からは存続を求める声が上がっている。

萩本さんは羽田空港で報道陣の取材に応じ、「ことの大きさからも責任を感じる。私が始めた野球だから、大好きな野球だけど、やめることにしました。茨城のみんな、ごめんな」と涙を浮かべて話した。報道陣から「やめるとはチームの解散か」と問われると、「(それが)私の気持ち」と語った。
トレードマークの笑顔はなく、疲れた表情で「やると言ってもやめると言っても迷惑がかかる。ずっと悩んだ」。結論はメールで選手にも伝えたという。「今ごろ泣いているやつもいるだろう」と声を振り絞った。

山本さんからは17日深夜に電話を受けたといい、「すみませんと言っていた。反省してどこかできちんと仕事をするまで私に責任がある」と話した。山本さんは18日に所属先の吉本興業から専属契約を解除されている。

「解散」の決断は萩本さんが周囲とほとんど相談せず下したと見られ、関係者には驚きと戸惑いが広がった。

同県旧桜川村長で、初代後援会長の飯田稔さん(70)は「地元に定着しつつある時に、このような形で解散するのは残念。思いとどまってほしい」と訴えた。同日夜には、茨城GGの後援会役員15人が急きょ集まり、存続を求める署名運動と萩本監督への直接交渉を行うことで意思統一した。
岡本尚博・球団代表は「萩本さんの決定は重い。ただ野球界の人たちやファンの気持ちも考慮する必要があり、解散以外の選択肢がないかも含め関係者で話し合いたい」と釈明した。

茨城GGは「野球をもっと面白くしたい」という萩本さんのアイデアで昨年1月、同県桜川村(現稲敷市)を本拠地に発足。元プロや若手選手が集い、昨年の全日本クラブ選手権は初出場でベスト8に進出。今年も8月の同選手権への連続出場を決めていた。萩本監督のマイクパフォーマンスも有名で、各地の試合では数千人のファンが詰めかける人気ぶり。茨城GGを目標に、各地にぞくぞくとクラブチームが誕生するなどブームを起こしていた
posted by あゆみっくす at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お知らせ】極楽とんぼの解散について 

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(38)が未成年者に酒を飲ませた上、みだらな行為をしたとして北海道警函館西署に事情聴取された問題で、山本さんを解雇した所属事務所の吉本興業は19日午後、記者会見し、山本さんが芸能活動をすべて中止し、コンビは解散することを明らかにした。相方の加藤浩次さん(37)はタレント活動を続ける。(時事通信より抜粋)

極楽とんぼの山本が吉本興業を解雇された“事件”で、相方の加藤浩次=写真=は19日朝、自ら司会を務める日本テレビのバラエティー番組「スッキリ!!」の冒頭で、何度も涙で声を詰まらせながら「相方の私、加藤としても深くお詫びいたします」と謝罪した。
「16年付き合った相方が…こういう形で報道されることは凄く腹が立ちますし、情けないし…。ちょっと気持ちの整理がついていない状況で…」
相方の行為を「けっして許されるものではない」と糾弾した加藤。だが「会社の下した解雇という決断を深く受け止めてもらいたいと思います」と語る表情は困惑の色も隠せなかった。
ここ数年の加藤は、他局のサッカー番組でもキャスターを務めるなど、単独の仕事が増加。山本が欽ちゃん球団に入るなど野球好きをアピールしはじめたのは、人気面で相方に追いつくためともみられていた。その欽ちゃん球団メンバーとして訪れた函館で、山本は相方も裏切ってしまった。(ZAKZAK 2006/07/19より抜粋)

posted by あゆみっくす at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

極楽とんぼのエピソード その2

2004年春、TBSラジオ「極楽とんぼの吠え魂」(毎週金曜深夜25:00〜27:00)の中で、山本が加藤の巧みな話術にはめられた形で大量のリスナープレゼントを自腹で放出したことがきっかけとなり、山本は「たまらん兄さん」という新たなキャラを獲得した。
また、歌手の鈴木亜美に自転車をプレゼントし、気をひこうとするが、デートは母親や妹同伴と、信用されていなかった。番組内で糞太郎ことよゐこの濱口優とどっちが本当に鈴木亜美を好きか投票する企画が行われ、両者の演説のあとにリスナーが投票した。また鈴木亜美本人も投票に参加し、鈴木亜美票は100票換算と決めた結果見事、山本が当選。極楽とんぼの吠え魂(ほえだま)での公式な見解として、糞太郎(濱口)より山本のほうが真の鈴木亜美ファンということになった。
東京スポーツはこの時間枠(月〜金の25時〜27時帯のJUNKという枠)をニュースソースとすることもしばしば。山本のチン事件や女性との不祥事などの事件がかさなり、極楽とんぼの危機であるということから、加藤は本来はあまり公開したくない結婚や出産などをテレビでネタにして好感度アップを図ったとされている。加藤の絨毯訴訟の顛末もラジオで語られ、リスナーからも好評だった。
そして、上記の山本関連の事件・事故は秋頃に起こったため現在、ファンも加藤も気にしているが当の山本はまったく気にするでもなく、ゴルフ三昧。A級ドライビングライセンスを所持しているため、近々、レースにも参加する予定。事故にならないことをファンは祈っている。
なお、最近での2人のピン活動としては、加藤の方が多く、山本の方は数少なくなっている。
また、山本は2005年9月9日放送、ウッチャンナンチャン司会の番組、「史上最強の人間ドック"ザ・快傑ドクター3"」で「寿命・あと3年」と診断され、ショックを受けた。その後にやった「極楽とんぼの吠え魂」で、オープニングトークから加藤にけちょんけちょんにされた。更に山本はラジオの生放送中に加藤がハマッてるという脳力トレーニングソフトをやりだしたが、結果が散々なものでまたショックを受けた。吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 01:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極楽とんぼのエピソード その1

極楽とんぼ (ごくらくとんぼ) は、吉本興業に所属するお笑い芸人の二人組で、北海道小樽市出身の加藤浩次と広島県広島市出身の山本圭壱で構成される。結成当初は三人組(トリオ)であった。1989年に結成。めちゃイケで共演しているナインティナインは後輩にあたる。また、年齢が一緒の雨上がり決死隊(加藤が宮迫博之、山本が蛍原徹)は先輩にあたる。

暴力的で破壊的で下ネタが多い芸風で、圧倒的に若年男性ファンが多いコンビ。それだけに、嫌いという人も多いがファンからは絶大な支持を得ている。
二人が出会ったのは、1989年2月に佐藤B作が主宰する劇団東京ヴォードヴィルショーの研究所で、加藤・山本と同期だった櫻庭博道と三人でコントみたいなことをやっていた。その後、劇団研究所の学費滞納などもあり、加藤・山本は退団、櫻庭は劇団に留まり俳優として現在も活躍している(なお、櫻庭は2006年6月に劇団を退団してフリーで活動中)。劇団東京ヴォードヴィルショーを退団後、吉本バッタモンクラブの第1期オーディションに合格しデビュー。
グループ名の由来は、当時山本の出した「なまけものブラザーズ」という名前の案が気に入らず、「極楽とんぼ」という名前にしたかった加藤は、「実は、松田優作のお墓の後ろに『極楽とんぼ』と書いてあるのはあまり知られてない」という根も葉もない嘘をつき、それに興奮した山本が同意し、現在のコンビ名となった。
ヴォードヴィル所属時に、公園で練習している光景がニュースで取り上げられたことがある。 吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>

★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極楽とんぼの2人について

加藤浩次(かとう こうじ)
1969年4月26日生まれ
北海道札幌市生まれの同小樽市育ち。通称:「コージ」、「カトちゃん」
北海道小樽潮陵高等学校卒業。

山本圭壱(やまもと けいいち)
1968年2月23日生まれ
東京都生まれの広島県広島市育ち(厳密には東京には3歳までしか住んでいなかったため雑誌などのプロフィールでは「広島県出身」と表記されることが殆ど)。大の広島カープファンである。通称:「山さん」、「紅の豚」、「デブハゲ」。
瀬戸内高校卒業。同校出身の後輩にプロゴルファーの田中秀道がいる。瀬戸内高校が何度か甲子園に出場した時、スポーツ新聞に載る「甲子園出場校一覧」の主なOBの欄が、いつも田中秀道なので毎回悔しい思いをしている。なお野球部在籍は20日間である。
posted by あゆみっくす at 00:57| Comment(1) | TrackBack(1) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。