2006年07月29日

★ニュース★品川が小説家デビュー

お笑いコンビ「品川庄司」の品川祐(34)が作家デビューする。小説「ドロップ」(8月4日発売、リトルモア)で、漫画「ビー・バップ・ハイスクール」にあこがれて私立の進学校から不良が集まる公立校に転校した自身をモデルとした青春群像劇。最近では劇団ひとり(29)の「陰日向に咲く」が話題になったばかり。芸人作家・品川のデビュー作がヒットするかどうか注目される。

 「ドロップ」の舞台は80年代の東京・狛江。主人公・信濃川ヒロシは進学校の私立中学に通いながら、漫画「湘南暴走族」や「ビー・バップ・ハイスクール」の不良にあこがれる中学生。受験勉強のまっただ中の3年の2学期に、あこがれを捨て切れず地元の区立中学に転校する。
金髪に染め“にわか不良”になったものの、けんかの経験すらない。「クリスマスにはゴッドファーザーだって、けんかしねーんだよ」とすごんでけんかを避けようとする口のうまさとハッタリで不良グループに溶け込んでいく。

ヒロシのモデルはもちろん品川自身。04年から3年連続で、吉本ブサイクランキングに入っている外見からは想像しにくいが!?実は会社社長の息子。小学校時代には塾の国語の模擬試験で渋谷区2位に輝いたこともある秀才で、中学は私立の進学校に通った。それが中学卒業後、高校を中退し芸人としては遅めの23歳で吉本興業の芸人養成学校に入学。品川は物語について「(けんかのシーンなどは)ほとんどフィクション」としているが、小説を読めば、異色の経歴を歩んだ品川の素顔を垣間見ることができそうだ。

きっかけは出版社からの誘い。「小説を書くのが好きになりました。2作目、3作目と書いてみたいなあと思います」と執筆活動にすっかり目覚めた様子。先輩芸人・島田洋七(56)の小説で昨年7月に発売された「佐賀のがばいばあちゃん」は映画化されることが決まっており「この作品も映画化されたりするとうれしいのですが…」と期待。ファンに向けては「正直、一気読みできます!」とアピールした。(スポーツニッポンより抜粋)

★応援よろしくです人気blogランキングへ


吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>ちなみに…
posted by あゆみっくす at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川庄司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム兄のエピソード その2

気遣いの出来る繊細な性格ではあるが、その反面、短気でルールやモラル面が特に厳しく、ルールやモラルを守れない人間には粗暴なまでに怒ることから、(真偽は別としても)「伝説」には事欠かない。

過敏すぎる例として以下のようなエピソードがある。加湿器が欲しいため、千原ジュニアをつれて家電店へ買い物に。そこで気に入った加湿器を買おうと店員を呼び止めたところ、ブルーとピンクの色があると紹介されキレる。「いい年したおっさんがなんでピンクの加湿器を欲しがんねん!」と説教した。が、そのとき木村はピンクの上着を着ていた。それに気づいたジュニアが慌てて止めに入ることに。このように、後輩だけでなく誰にでも説教をするが、ときにピントがずれていることがある。

趣味は料理でプロ並の腕前。「アフリカのツメ」「浜ちゃんと!」(いずれも日本テレビ系)などでその料理の腕を披露している。

結婚して子供をもうけたが2005年に離婚。2006年1月9日 ダウンタウンDXで出会ったタレントの辺見えみりと婚約。 同日、合同記者会見を行い、入籍(自身3度目)を報告。 ちなみに、婚約指輪は0.93カラット。ティファニーで購入。 プロポーズは新宿外苑の外周の車中でした、とのこと。

妻のことはテレビなどでは「えみりちゃん」だが、家では「えみちゃん」と呼んでいるらしい。

posted by あゆみっくす at 16:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 木村祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム兄のエピソード その1

ホテルマン、染め物職人を経て、中学校の同級生(栩野進)と漫才コンビ「オールディーズ」を結成。
順調に人気を獲得していた矢先の1990年9月7日、相方が不祥事を起こし逮捕。これにより相方は所属事務所を解雇されコンビは解消。木村は予想もしない形でピン芸人の道を進むことになる。
その後、交流のあったダウンタウンらを慕い1994年に東京進出。「ダウンタウンのごっつええ感じ」(フジテレビ系)で構成作家としてもデビューする。

現在に至るまで、松本人志の優秀なブレーンであるとともに、写真を使ったネタなどの多彩な芸風でピン芸人として活動を行っている。自分で撮った写真にコメントをつけて笑いをとる「写術」など。

松本を中心とした芸人の集まり(いわゆるダウンタウンファミリー)では兄貴的存在である。実際、松本より学年で一つ上であるため、私生活でも松本に指南する立場であるようだ。吉本興業では東野幸治はデビュー時期が近く、今田耕司や130Rは1年先輩となるが、年齢的に木村の方が年上(今田とは3つ、130Rとは1つ)であるため、テレビでの仕事でも露骨な後輩扱いはしていない。

ダウンタウンの後輩であるにもかかわらず年齢が一つ上のため、初期のころはダウンタウンに「さん付けさせて欲しい」と言われた。が、木村本人は「後輩ですからいいですよ〜」と言い断った。その為、今でも木村とは呼ばずにあだ名の『キム』または「木村くん」と呼んでいる。(ダウンタウン2人も年齢が上の後輩にはさすがに呼び捨ては出来ないらしい…その事は今田耕司や130Rも同じである。ちなみに学年は1つ上だが生まれた年は同じであるため、木村本人は「ダウンタウンと同い年である」と主張している。「1月1日で年が明ける、という区切りがあるのに、4月1日で線引きするのはおかしい」と、ある番組で言っていた。)

松本をして、「俺のために生まれてきたような男」「何回人生やってきたんや」と言わしめるほどよく気がまわり、器用で芸人ばなれした知識と行動力を持つが反面、自分が出来るゆえに出来ない後輩には非常に厳しく、後輩からは怖い先輩として恐れられてもいる。松本グループでのその母親的な面倒見と気遣い、料理の腕などから今田・東野らからは「松本人志の嫁」、高須光聖からは「松本の第一夫人」とからかわれる。松本本人も「嫁にするならキムのような人がいい」とラジオで発言している。

posted by あゆみっくす at 16:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 木村祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キム兄のプロフィール

木村 祐一(きむら ゆういち
1963年2月9日生まれ
京都府京都市左京区出身のお笑いタレント、放送作家、コラムニスト。

吉本興業所属。愛称は「キムキム兄やん(キム兄)」「キム」「キムニールヤング」。 現在の妻は女優の辺見えみり。

血液型はAB型。京都市立西京商業高等学校(現・京都市立西京高等学校)卒。

口癖は「考えられへん!(声を裏返して叫ぶ)」「ありえへん!(左同)」いずれも、秩序や常識、段取り、気配りなどを無視する人間に向けて発せられる。常にそういう物に怒っている男でもある。

posted by あゆみっくす at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 木村祐一 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

【お知らせ】極楽とんぼ山本の不祥事について

社会人野球のクラブチーム「茨城ゴールデンゴールズ(GG)」(茨城県稲敷市)監督でタレントの萩本欽一さん(65)は19日、チームのメンバーで人気お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(38)が遠征先の北海道函館市内で少女(17)に性的暴行を加えた疑いで函館西署に任意の事情聴取を受けたことが分かったのを受け、責任を取ってチームを解散する意向を明らかにした。ただ、チームを支えてきた地元後援会が署名運動を行うことを決めるなど、周囲からは存続を求める声が上がっている。

萩本さんは羽田空港で報道陣の取材に応じ、「ことの大きさからも責任を感じる。私が始めた野球だから、大好きな野球だけど、やめることにしました。茨城のみんな、ごめんな」と涙を浮かべて話した。報道陣から「やめるとはチームの解散か」と問われると、「(それが)私の気持ち」と語った。
トレードマークの笑顔はなく、疲れた表情で「やると言ってもやめると言っても迷惑がかかる。ずっと悩んだ」。結論はメールで選手にも伝えたという。「今ごろ泣いているやつもいるだろう」と声を振り絞った。

山本さんからは17日深夜に電話を受けたといい、「すみませんと言っていた。反省してどこかできちんと仕事をするまで私に責任がある」と話した。山本さんは18日に所属先の吉本興業から専属契約を解除されている。

「解散」の決断は萩本さんが周囲とほとんど相談せず下したと見られ、関係者には驚きと戸惑いが広がった。

同県旧桜川村長で、初代後援会長の飯田稔さん(70)は「地元に定着しつつある時に、このような形で解散するのは残念。思いとどまってほしい」と訴えた。同日夜には、茨城GGの後援会役員15人が急きょ集まり、存続を求める署名運動と萩本監督への直接交渉を行うことで意思統一した。
岡本尚博・球団代表は「萩本さんの決定は重い。ただ野球界の人たちやファンの気持ちも考慮する必要があり、解散以外の選択肢がないかも含め関係者で話し合いたい」と釈明した。

茨城GGは「野球をもっと面白くしたい」という萩本さんのアイデアで昨年1月、同県桜川村(現稲敷市)を本拠地に発足。元プロや若手選手が集い、昨年の全日本クラブ選手権は初出場でベスト8に進出。今年も8月の同選手権への連続出場を決めていた。萩本監督のマイクパフォーマンスも有名で、各地の試合では数千人のファンが詰めかける人気ぶり。茨城GGを目標に、各地にぞくぞくとクラブチームが誕生するなどブームを起こしていた
posted by あゆみっくす at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【お知らせ】極楽とんぼの解散について 

お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭一さん(38)が未成年者に酒を飲ませた上、みだらな行為をしたとして北海道警函館西署に事情聴取された問題で、山本さんを解雇した所属事務所の吉本興業は19日午後、記者会見し、山本さんが芸能活動をすべて中止し、コンビは解散することを明らかにした。相方の加藤浩次さん(37)はタレント活動を続ける。(時事通信より抜粋)

極楽とんぼの山本が吉本興業を解雇された“事件”で、相方の加藤浩次=写真=は19日朝、自ら司会を務める日本テレビのバラエティー番組「スッキリ!!」の冒頭で、何度も涙で声を詰まらせながら「相方の私、加藤としても深くお詫びいたします」と謝罪した。
「16年付き合った相方が…こういう形で報道されることは凄く腹が立ちますし、情けないし…。ちょっと気持ちの整理がついていない状況で…」
相方の行為を「けっして許されるものではない」と糾弾した加藤。だが「会社の下した解雇という決断を深く受け止めてもらいたいと思います」と語る表情は困惑の色も隠せなかった。
ここ数年の加藤は、他局のサッカー番組でもキャスターを務めるなど、単独の仕事が増加。山本が欽ちゃん球団に入るなど野球好きをアピールしはじめたのは、人気面で相方に追いつくためともみられていた。その欽ちゃん球団メンバーとして訪れた函館で、山本は相方も裏切ってしまった。(ZAKZAK 2006/07/19より抜粋)

posted by あゆみっくす at 00:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

千原兄弟のエピソードについて

1989年6月コンビ結成。同期にはFUJIWARA・バッファロー吾郎などがいる。

ダウンタウンや吉本印天然素材が去った後、ジャリズムとともに心斎橋筋2丁目劇場で頭角を表し、お笑いライブで大阪城ホールを超満員にしたりしていた。 現在ではルミネtheよしもとに出演の他、「チハラトーク」というライブを毎月行っている。

「チハラトーク」など、兄弟であることを武器にした、絶妙な距離感のトークは絶品。

ジュニアは若手の映画監督から出演のオファーが多く、俳優としても著名。瀬々敬久、豊田利晃、三池崇史などの監督作品に出演している。デビュー当時は「2丁目劇場の尾崎豊」、「ジャックナイフ芸人」と呼ばれていたらしい。 兄・靖史は顔はブサイクだがスタイルが抜群。

なお、週刊少年ジャンプに連載されていた「ろくでなしBLUES」に、兄弟そろって漫画の登場人物として登場したことがある。

兄の靖史はとても交友が広く、芸能人ではなく近所のおじさんなどが飲み仲間で、ジュニアが街を歩いていると全然知らない人から「靖史は元気か」「お兄さんにはお世話なってます」とあちこちで言われ驚いたという話がある。これらを総称して「せ」リーグと呼び、それをうらやんだジュニアは「J」リーグと称して自分の交友をチハラトークにて明かすが、こちらは芸人仲間が多い。
また母は、かつてパーフェクトも達成した事もあるほどのボウリングのボウラーで、私が参加するとつまらなくなってしまうからと、地域のボウリング大会の誘いを断ったエピソードもある。
吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 千原兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千原兄弟の2人について

千原兄弟(ちはらきょうだい)は千原靖史(1970年1月25日-)と千原ジュニア(本名:千原浩史)(1974年3月30日-)からなる吉本興業東京支社所属のコンビ。
京都府福知山市出身。実の兄弟。ともにNSC8期生。

吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>

★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 千原兄弟 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

ペナルティのエピソード

ヒデは船橋市立船橋高等学校普通科卒。「海神中学校」卒業。ワッキーは船橋市立船橋高等学校体育科卒。「海神中学校」卒業。 全国屈指の強豪である同校サッカー部の出身。1988年度全国高校サッカー選手権準優勝、同年インターハイ優勝、同年国体5位。1989年度国体優勝。高校時代は地獄のしごきと言っても過言ではないくらいの猛練習で鍛えらた筋金入りの体育会系超エリート。サッカーの実力にかけては文句無しの芸人No.1。ヒデは高校・大学の時にJリーグ(横浜フリューゲルス)からスカウトがあった。様々な番組でリフティングを始めとした技を披露していて、めちゃイケではレアル・マドリードのラウールも誉めていた。ちなみにポジションはヒデがディフェンダー(スウィーパー)、ワッキーはフォワード。

ワッキーがCBCテレビのバラエティ番組「ノブナガ」のコーナー「地名しりとり」に出演したことから火が付き、「めちゃ²イケてるッ!」(フジテレビ系)出演をきっかけに全国区のタレントとなった。

下積み期間が非常に長く、劇場(銀座7丁目劇場、ルミネ・ザ・吉本など)での芸人生活が長いため、劇場出演の若手の中では最年長格であり「劇場番長」の異名を持っていた。

また、芸能界の中でも歌が非常にうまい。

FIFAワールドカップドイツ大会で、大黒将志がゴールを決めたら芝刈り機のまねをする約束をしてたが、かなわなかった。

ちなみに行列のできる法律相談所でワッキーは市船時代はモテていたと語っている。

吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
posted by あゆみっくす at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナルティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペナルティの2人について

ヒデ(本名:中川秀樹、1971年4月7日 - )は、ツッコミ担当。
千葉県船橋市出身。専修大学法学部に進学。卒業後、笑いの世界へ。
自在にボケるワッキーにドロップキックでツッコむのが名物。料理を食べた時に言う、「ウマシ」「オイシ」「デリシャシ」などの持ちギャグがあるが、ワッキーにパクられている。一捻り加えたクオリティの高い突っ込みで評判が良い。

ワッキー(本名:脇田寧人(わきたやすひと)、1972年7月5日 - )は、ボケ担当。
福島県出身。父親の転勤で、千葉県→愛知県→北海道→千葉県と移る。
専修大学中退。大学中退後、タイに数ヶ月在住しており、タイ語を話せる。野菜の飾り切りができる。
「ワッキーダンス」「芝刈り機の真似」「プニョンペン」「野口五郎の真似」「毛ダム」「ヒゲグリア」、「オバケの救急車」など人・モノを問わない数々の持ちネタがある。腕毛、スネ毛など体毛が常人離れして濃い。筋トレを欠かさない為に築きあげられた見事な体形をしており、ブーメランパンツ(ブリーフ)を愛好している。
膝を壊しサッカーが出来ない将来を悲観し、専大サッカー部の合宿所を脱走して中退、タイ料理店などのアルバイトを転々とする。ぶらぶらしていたところを先輩のヒデに誘われてコンビ結成。因みに、ヒデが誘った数は5人で、その5人目がワッキーであった。ワッキーは、ある番組でヒデが告白するまで知らなかった。よしもとブサイクランキング2位となったが、決してブサイクな顔ではなく(むしろ男前でしばしば男前ランキングにも顔を出す)、「剛毛でキモい」キャラクターを演じているといえる。
吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
posted by あゆみっくす at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ペナルティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フットボールアワーのネタについて

動物のクイズ番組
登場する架空の動物をンズーレという。ンズーレとは、「逆から読むとレーズンになる動物」。後藤は見たことも聞いたこともない。ンズーレの皮からはバッグが作られる。宮崎ンズーレは高級品。オーストラリア産ンズーレは質が悪い。また、ンズーレからは貝殻もとれる。テナガンズーレという種類もいる。ンズーレを使ったことわざ - ンズーレも木から落ちる、ンズーレに腕押し、馬の耳にンズーレ。滞空時間の長いジャンプができる。卵を産む。

SMタクシー
想像上のタクシー。2003年M-1グランプリの最終決戦で用いられ、このネタで見事優勝を果たした。SMタクシーとは、サディストのタクシーの運転手のことである。常にSM口調で話しかけるが、普通に話すことができる。個人タクシーであり、組織には属さない主義。指定した場所とは違う場所に向かう。料金メーターが上がると、客に料金メーター止めると脅す。『運転手さんとお呼び!』と凄むこともある。

未亡人ごっこ
ネタの中にでできた子供の遊びである。2人で行う。一人が未亡人役で、もう一人が未亡人を励ます役である。肩にタッチすることによって、未亡人と未亡人を励ます役がチェンジする。勝敗の基準は、未亡人の心の支えになれたかどうかで決まる。

その他
グルメレポート、出囃子、居酒屋、SM美容院、電話相談、トーク番組、新しい昔話、留守番電話、ファミリーレストラン、飲酒検問、結婚披露宴、結婚記者会見、フット戦隊、年号、デパート、怪談、暴走族、金の斧、ひったくり、料理のさしすせそ、路上でケンカ、子供のころの遊び、お菓子、算数の問題、テレビゲーム、スキャンダル、英語の発音、ファンレター、奥さんが服屋の店員だったら、修学旅行、恋愛教室、動物虐待、おかんが総理大臣なら、青山墓地、岩尾ウォーカー、岩尾望物語、犬と同居 他

吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボールアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フットボールアワーのエピソード

1999年4月、「後藤・岩尾」としてコンビ結成。同年7月、「フットボールアワー」となる。コンビ名の由来は岩尾が読んでいた外国の小説の「月曜日のフットボールアワーに間に合わないよ」という科白から。

結成翌年のABCお笑い新人グランプリ最優秀新人賞を皮切りに、若手漫才師に与えられる数々の賞を総なめにした。

2003年8月、baseよしもとを卒業しうめだ花月に移動。

2001年のM-1グランプリを6位で終えたあとに急成長、2002年大会の2位を経て、2003年大会で優勝を果たした。これを機に活動の拠点を東京に移すが、引き続き吉本の大阪本社に籍を置いている。

岩尾のボケは基本的にシュールなものだが、後藤のわかりやすい突っ込みにより、全体として正統派漫才としてのスタイルをとる(コンビ結成当時は岩尾が後藤にツッコミのやり方を指導していた)。
吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボールアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フットボールアワーの2人について

後藤輝基(ごとう てるもと)
1974年6月18日生まれ
大阪府大阪市東淀川区出身。ツッコミ担当。大阪府立山田高等学校卒。NSC14期生。B型。

岩尾望(いわお のぞむ)
1975年12月19日生まれ
大阪府大阪市東住吉区出身。ボケ担当。桃山学院高校、関西大学社会学部卒。 NSC14期生。B型。愛称は「のんちゃん」。
吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>

★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボールアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フットボールアワーの2人について

後藤輝基(ごとう てるもと)
1974年6月18日生まれ
大阪府大阪市東淀川区出身。ツッコミ担当。大阪府立山田高等学校卒。NSC14期生。B型。

岩尾望(いわお のぞむ)
1975年12月19日生まれ
大阪府大阪市東住吉区出身。ボケ担当。桃山学院高校、関西大学社会学部卒。 NSC14期生。B型。愛称は「のんちゃん」。
吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>

★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | フットボールアワー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

ココリコのエピソード その2

漫才の評価は高くないがコントは松本人志に天才といわせるほどの腕である。最近ではココリコのコントはめったに見られないが漫才はルミネtheよしもとなどで見ることができる。

遠藤が一応ツッコミとなっているが遠藤がボケのネタもいくつかあり、最近では番組の中でもボケまくりでツッコミを他の出演者にやらせることが多い。

FNSの日には1997年から毎年出演。また、『笑っていいとも!』にも1997年からずっとレギュラー出演中である。特に、2002年・2003年・2005年の鶴瓶中継には「27時間テレビの鶴瓶中継と言えばココリコ」と言う黄金コンビが出来たほど。

松本人志によると、山崎邦正が初めて田中を連れて来た時、田中はボソボソ声で「おはようございます」と言った後一言も喋らなかったらしい。また、遠藤は初対面の時彼女を連れており、「こんな奴ら絶対売れん」と思ったらしい。吉本芸人がもっとわかる!

★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ココリコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココリコのエピソード その1

サラリーマンを辞職し無職だった遠藤は当時専門学校生だった田中を誘いオーディションへ。見事合格しココリコボンバーズ結成。大阪出身だが吉本興業東京本社からデビューした。

同期には、藤井隆・中川家・陣内智則・海原やすよ・ともこ・ケンドーコバヤシ など
同期ではないが同い年に矢部浩之(ナインティナイン)、ほっしゃん。(2年先輩)や田村亮(ロンドンブーツ1号2号)(2年後輩)などがいる。

コンビ名は二人が中学生の時拾った手帳に書かれていた喫茶ココリコから。「ン」がつくコンビ名は売れるというジンクスがあったためボンバーズをつけた。しかし、後に極楽とんぼの加藤浩次のアドバイスを受けボンバーズは撤去され現在のコンビ名となった。当初の仕事は『吉本印天然素材』の前説。その後、『ガキの使い』の前説を経てレギュラーへ昇格。ブレイクのきっかけとなった。吉本芸人がもっとわかる!
↓↓応援してくれるとうれしいです↓↓
blogランキング
posted by あゆみっくす at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ココリコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココリコの2人について

遠藤 章造(えんどう しょうぞう)
1971年7月13日生。
血液型はO型。大阪府豊中市出身。ツッコミ担当。

田中 直樹(たなか なおき)
1971年4月26日生。
コンビのリーダー。血液型はO型(AB型と公表していたが実は違った事が判明し番組でカミングアウト)。大阪府豊中市出身。ボケ担当。ネタ作成も彼の仕事。
吉本芸人がもっとわかる!
★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ココリコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

極楽とんぼのエピソード その2

2004年春、TBSラジオ「極楽とんぼの吠え魂」(毎週金曜深夜25:00〜27:00)の中で、山本が加藤の巧みな話術にはめられた形で大量のリスナープレゼントを自腹で放出したことがきっかけとなり、山本は「たまらん兄さん」という新たなキャラを獲得した。
また、歌手の鈴木亜美に自転車をプレゼントし、気をひこうとするが、デートは母親や妹同伴と、信用されていなかった。番組内で糞太郎ことよゐこの濱口優とどっちが本当に鈴木亜美を好きか投票する企画が行われ、両者の演説のあとにリスナーが投票した。また鈴木亜美本人も投票に参加し、鈴木亜美票は100票換算と決めた結果見事、山本が当選。極楽とんぼの吠え魂(ほえだま)での公式な見解として、糞太郎(濱口)より山本のほうが真の鈴木亜美ファンということになった。
東京スポーツはこの時間枠(月〜金の25時〜27時帯のJUNKという枠)をニュースソースとすることもしばしば。山本のチン事件や女性との不祥事などの事件がかさなり、極楽とんぼの危機であるということから、加藤は本来はあまり公開したくない結婚や出産などをテレビでネタにして好感度アップを図ったとされている。加藤の絨毯訴訟の顛末もラジオで語られ、リスナーからも好評だった。
そして、上記の山本関連の事件・事故は秋頃に起こったため現在、ファンも加藤も気にしているが当の山本はまったく気にするでもなく、ゴルフ三昧。A級ドライビングライセンスを所持しているため、近々、レースにも参加する予定。事故にならないことをファンは祈っている。
なお、最近での2人のピン活動としては、加藤の方が多く、山本の方は数少なくなっている。
また、山本は2005年9月9日放送、ウッチャンナンチャン司会の番組、「史上最強の人間ドック"ザ・快傑ドクター3"」で「寿命・あと3年」と診断され、ショックを受けた。その後にやった「極楽とんぼの吠え魂」で、オープニングトークから加藤にけちょんけちょんにされた。更に山本はラジオの生放送中に加藤がハマッてるという脳力トレーニングソフトをやりだしたが、結果が散々なものでまたショックを受けた。吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>
★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 01:01| Comment(0) | TrackBack(3) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極楽とんぼのエピソード その1

極楽とんぼ (ごくらくとんぼ) は、吉本興業に所属するお笑い芸人の二人組で、北海道小樽市出身の加藤浩次と広島県広島市出身の山本圭壱で構成される。結成当初は三人組(トリオ)であった。1989年に結成。めちゃイケで共演しているナインティナインは後輩にあたる。また、年齢が一緒の雨上がり決死隊(加藤が宮迫博之、山本が蛍原徹)は先輩にあたる。

暴力的で破壊的で下ネタが多い芸風で、圧倒的に若年男性ファンが多いコンビ。それだけに、嫌いという人も多いがファンからは絶大な支持を得ている。
二人が出会ったのは、1989年2月に佐藤B作が主宰する劇団東京ヴォードヴィルショーの研究所で、加藤・山本と同期だった櫻庭博道と三人でコントみたいなことをやっていた。その後、劇団研究所の学費滞納などもあり、加藤・山本は退団、櫻庭は劇団に留まり俳優として現在も活躍している(なお、櫻庭は2006年6月に劇団を退団してフリーで活動中)。劇団東京ヴォードヴィルショーを退団後、吉本バッタモンクラブの第1期オーディションに合格しデビュー。
グループ名の由来は、当時山本の出した「なまけものブラザーズ」という名前の案が気に入らず、「極楽とんぼ」という名前にしたかった加藤は、「実は、松田優作のお墓の後ろに『極楽とんぼ』と書いてあるのはあまり知られてない」という根も葉もない嘘をつき、それに興奮した山本が同意し、現在のコンビ名となった。
ヴォードヴィル所属時に、公園で練習している光景がニュースで取り上げられたことがある。 吉本芸人をもっと知りたい方はこちら>>

★応援よろしくです人気blogランキングへ
posted by あゆみっくす at 00:59| Comment(0) | TrackBack(2) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

極楽とんぼの2人について

加藤浩次(かとう こうじ)
1969年4月26日生まれ
北海道札幌市生まれの同小樽市育ち。通称:「コージ」、「カトちゃん」
北海道小樽潮陵高等学校卒業。

山本圭壱(やまもと けいいち)
1968年2月23日生まれ
東京都生まれの広島県広島市育ち(厳密には東京には3歳までしか住んでいなかったため雑誌などのプロフィールでは「広島県出身」と表記されることが殆ど)。大の広島カープファンである。通称:「山さん」、「紅の豚」、「デブハゲ」。
瀬戸内高校卒業。同校出身の後輩にプロゴルファーの田中秀道がいる。瀬戸内高校が何度か甲子園に出場した時、スポーツ新聞に載る「甲子園出場校一覧」の主なOBの欄が、いつも田中秀道なので毎回悔しい思いをしている。なお野球部在籍は20日間である。
posted by あゆみっくす at 00:57| Comment(1) | TrackBack(1) | 極楽とんぼ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。